縣陵

退任される若宮副会長に感謝状を贈呈

長い間同窓会発展のためにご尽力いただきました。
今回、若宮さん以外に法人理事を退任された方は 一條功さん、丸山庄一さん、
古川房男さん、久保田尚弘さんです。
ありがとうございました。

第3回常任理事会が開催されました

27.28年度の役員に委嘱状を交付しました。
二年間の在任期間中、同窓会発展のためにご尽力いただきます。
よろしくお願いいたします。

平成27年度 総会・懇親会 6月6日(土)松本勤労者福祉センター

総会では平成26年度事業報告及び決算報告・監査報告、平成27年度事業計画及び予算案審議、役員改選などを審議の後、当番年次43回生による懇親会がスタートしました。

総会

懇親会開始

懇親会

覇権の剣

44回生に引き継ぎ

当番年次43回生


縣陵33回卒業「愛さんさん会」松本山雅対浦和レッズin埼スタ観戦ツアー実施

 松本県ヶ丘高校を昭和56年に卒業した「縣陵愛さんさん会」の長野県、首都圏のメンバー11名とそのご家族、飛び入り参加の高36回の女性、古家(ふるや)さんの合計18名で、4月4日に埼玉スタジアム2002で開催された「松本山雅対浦和レッズ」の試合を観戦してきました。
 アルウィンより圧倒的な存在感のある「埼玉スタジアム2002」W杯の会場ともなった広いスタジアムのテーブルシート3列を押さえてのサッカー観戦は、人数でまさる浦和に対し、応援の多様さと熱心さで山雅サポーターは対抗。ホームでは歌わないだろう「信濃の国」も聞かせてもらいました。
 試合の方は1-0で残念ながら敗戦。北信越リーグ時代の天皇杯予選の雪辱を果たされる結果となりました。昨年優勝を争うだけあって、浦和と山雅にはチーム力の差を痛感致しましたが、シーズン中盤に向けて昨年のように「走り勝つ」サッカーに徹し、J1残留は死守してもらいたいものです。
 観戦後、大宮市内の土佐風居酒屋で1杯。サッカー談義や同窓生の消息、昔話などに花を咲かせて楽しいひとときを過ごしました。できれば同期で年1回位はこのようなイベントを行っていきたいと考えております。
                                       高33回 広報部 高木 和久

(クリック拡大表示します)

浦和美園駅に集合した33期観戦者のみなさん

熱い応援を送る山雅サポーター

埼玉スタジアム2002レッズ応援団

観戦を終えて懇親会


今年の応援練習は14日~17日まででした。

21日の地元紙タウン情報に掲載されました、 今年度の応援練習についての記事です。
新入生の皆さんお疲れさまでした。



(タウン情報2015/04/21)
第1回理事会開催

 4月22日午後6時半より、平成27年度第1回法人理事会が開催されました。
平成26年度の事業報告、決算報告を中心に審議されました。
4月30日の常任理事会、6月6日の県陵同窓会通常総会に向け充分に議論されました。

 

監査

4月18日
同窓会の26年度の監査会が行われ、滞りなく終了いたしました。

監査内容は26年度の会計及び事業監査です。
決算・事業報告は会報33号に掲載いたします。

今年も14日から伝統の応援練習が始まりました。

兄弟で応援団長となった小林君が伝統を繋いでくれます。
新入生諸君!頑張ってください!!

15日の市民タイムスに大きく掲載していただきました。
因みに担当記者も58回生です。



(市民タイムス2015/04/15)
4月4日(土)平成27年度母校の入学式が挙行されました

佐藤彦雄同窓会長が同窓会を代表し、祝辞を述べました。
勉学にクラブ活動に生徒会活動に、新入生の皆さんの県陵での学校生活が実り多いものになりますよう、祈念いたします。

ようこそ!県陵へ!!

3月27日(金)オリエンテーションが開催されました。
27年度新入生です。

3月26日 (木)開催しました育英部会及び 奨学生選考委員会の様子です。

27年度の奨学金貸与申込者は有りませんでした。
部会では、今後の育英事業が円滑に推進していかれるように活発な意見が交わされました。

3月3日(火)母校松本県ケ丘高等学校第67回卒業式が挙行されました。

同窓生67回生の前途が輝かしいものになりますように心よりお祝い申しあげます。
卒業式の模様が地元紙「市民タイムス」に掲載されました。



(市民タイムス)
高67回生の同窓会学年理事の皆さんです2015/3/2(月)

本日新理事説明会が同窓会館にて行われ新しい理事の皆さんに集まっていただき同窓会の概要や同窓会事業についての説明をし、また、理事の皆さんの中から学年代表理事と副代表2名を 選出していただきました。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

山崎貴監督(高35回卒)の「永遠の0」が『最優秀監督賞』他8部門を獲得

第38回日本アカデミー賞が2月27日(金) 東京品川のグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで開催されました。

そこで、今年は山崎貴監督(高35回卒)の「永遠の0」が『最優秀監督賞』他8部門を獲得、 併せて山崎監督の「STAND BY MEドラえもん」が最優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

山崎監督にとっては「永遠の0」と「ドラえもん」でW受賞となり、「三丁目の夕日」以来の大快挙です。

山崎監督は「日本アカデミー賞がものすごく好きなんです。いうのも、この賞の存在意義は、僕らがつくるエンタテインメント作品にも光を当ててくれるということ。 皆が死に物狂いでつくった作品に賞を頂けて誇りに思う。これからも監督を続けていいんだと言われた気がします。」 と感慨に浸ったそうです。(Y!ニュースより抜粋)

山崎貴監督!おめでとうございます!!

高61回生の小出貴彦さん2015/2/24(火)

ご活躍されている県陵同窓生の記事が地元紙「まつもと市民タイムス」に掲載されておりました。
中信地方で初めて、県内では4人目、現在国内で最年少のJFA1級審判員に認定された高61回生の小出貴彦さんです。
昨年の第93回全国高校サッカー長野大会・決勝の試合でも審判の一人として活躍されておりました。
これからのワールドカップや2020年の東京オリンピックの場で小出さんの雄姿が見られるようになるかもですね。
今後のご活躍がたいへん楽しみです。



(市民タイムス)
古希記念として母校へプロジェクターを贈呈高15回卒業生2015/2/17(火)

かねてより、学校側へ打診しておりましたところ、 プロジェクターの要望がありましたので本日、三八会代表者が届けました。
これを広く教育に活用していただければ幸いです。

安曇野市出身、東京都在住の宮澤利昭さん高9回卒2015/2/6(金)

画集絵本を出版されました。
ふるさとの新聞、信濃毎日新聞と、まつもと市民タイムスで 紹介されました。



(市民タイムス・信濃毎日新聞)
頑張っている県陵生の記事が、地方紙のタウン情報に掲載されました。  2015/2/3(火)

英語で討論 全国上位へ
松本県ヶ丘高校インターナショナル部



(タウン情報2015/02/03)

木下匡晃さん(高35回卒) 2015/1/21(水)

市民タイムスで紹介されました
お城と常念岳 毎日パチリ



(市民タイムス2015/01/21)
 
Copyright 2014 kenryo.org All Rights Reserved.